テレビの映りが急に悪くなった時の解決方法は簡単です

ケーブルテレビ
PR広告

 ケーブルテレビのサービスをご利用いただいているお客様は地上デジタル放送のほか、BSデジタル放送、CSデジタル放送を有線でご視聴いただけます。有線接続はアンテナによる接続と違い、悪天候でも安心してテレビをご視聴いただくことが可能です。しかしその反面、障害が発生したり、機器の故障等により急にテレビの映りが悪くなったり、全く映らなくなった場合、通常のアンテナ受信と違い対処方法が分からなく、混乱することがあります。
 ケーブルテレビの仕組みは設置する機器が若干アンテナ受信と違いますが、配線の方法は基本的にアンテナ受信と一緒です。それでも実際テレビ映りが悪くなるとお問い合わせをいただくことがあります。そこで秋田ケーブルテレビに連絡をする前にいくつか確認をしていただくことで、後の対応がスムーズに進むこともありますので、その事前確認の内容についてご案内いたします。

テレビに表示されているメッセージを確認する

 テレビの映りはある日突然起こります。予期しないことということもあり慌ててしまうこともあります。ましてや突然テレビの映像が真っ黒になり、普段は出てこないメッセージがテレビ画面に表示されるとどうしたら良いか分からなくなることもあります。
 下の表はテレビの映りが悪いときに表示されるメッセージの代表的な内容を一覧にしています。下の表に記載されている対処法を見ると、実は自分で解決できることもあります。

エラーコード・メッセージ表示される原因対処法
E100:B-CASカードが未挿入です
E101:ICカードが読み取れません
E102:このカードは使用できません
B-CASカードに問題ありB-CASカードを挿入する向きを
確認する
B-CASカードを交換する
E201:アンテナレベルが低下しています悪天候で降雨対応放送になっている可能性あり天気が良くなるのを待つ
E202:アンテナの設定や調整を
   確認してください
アンテナや接続に問題あり向き・接続を確認する
E203:現在このチャンネルは
   放送を休止しています
放送休止しているチャンネルを選択している番組表を確認する
E209:衛星アンテナケーブルが
   ショートしています
ケーブルがショートしていケーブルを確認する

機械操作が苦手な人でも確認しておきたいポイント

 エラーメッセージについて代表的な事例を紹介しましたが、機械操作が苦手な方はメッセージを見ても、対処法について何をどうしたら良いか全く分からないかもしれません。そして最終的には電話での相談になることもあるかと思います。
 そこで電話での相談を希望した時、事前に確認しておくと後でスムーズに案内を受けることができますのでそのポイントを紹介します。このポイントは機械操作が苦手な方でも簡単にできますので、ぜひ確認をしてください。

映りの悪いチャンネルは特定されているのかどうか

 映りが悪いチャンネルが特定されているかどうかでテレビで不具合が起きているのか、セットトップボックス(STB)で不具合が起きているのかを確認します。映画専門チャンネル等のCS放送だった場合はSTB経由で不具合が起きている可能性に絞り込めます。しかし、地上デジタル放送、BSデジタル放送の映りが悪い場合はテレビで直接視聴していることも考えられます。その場合は、始めにSTBのリモコンで地上デジタル放送およびBSデジタル放送のチャンネルに合わせて映像を確認します。その後、テレビのリモコンに持ち替えて同様にチャンネルを合わせて各放送の映像を確認します。
 ここでSTBの不具合が該当しそうだと判断した場合は、STB本体の正面にある「リセット」ボタンを押すことにより復旧することがあります。
 また、テレビの不具合に該当しそうな場合は、テレビ裏の配線を一度確認することをお勧めします。テレビ裏の配線が抜けかかっていることもあります。

映りの悪いテレビは何台あるか

 テレビの映りが悪いテレビが何台あるか確認することでテレビ裏の配線が原因か、建物全体のテレビ配線が不具合を起こしているのか選別できます。ここで1台のテレビのみであれば、テレビの故障やテレビ裏の配線に絞り込まれます。しかし、複数のテレビで映りが悪い症状が起きている場合、建物に設置されている機器(ブースターや分配器等)の不具合が考えられます。よくある事例として、ブースター稼働させるためのコンセントが抜かれていることです。ブースター本体は建物の外壁に設置されていますが、稼働させるための電源部は屋内のテレビ裏に設置されており、何に使われているか不明なコンセントに見えるため抜いてしまうことがあります。最近掃除などでコンセントを抜いた記憶がないか確認しておくことをお勧めします。

どうしても解決できないときの対処方法

 自分で調べてみてもどうしても解決できない、確認の仕方が分からない事もあるかと思います。
 そういった時はCNA秋田ケーブルテレビのフリーダイヤルをご利用いただくと電話口でご案内することができます。
 CNA秋田ケーブルテレビでのコールセンターでは、日々テレビに関するお問い合わせやインターネットに関するお問い合わせを受け付けております。また、有料チャンネルのお申込みなど各種お申込みからご相談まで受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。
 なお、症状によって有料になりますが訪問対応も可能です。概算費用に関する価格表は下記のリンクをご覧ください。

CNA - 秋田ケーブルテレビ - 秋田ケーブルテレビ へようこそ
秋田ケーブルテレビのホームページです。 ケーブルテレビをはじめ、インターネット・サービス、電話・サービスなどもあります。

「CNA安心サポート」で訪問対応も可能

 リモコンの操作がよく分からず見たい番組をみることができない、スマホ等Wi-Fi対応の機器の設定ができないなどテレビ・インターネットに関する悩みが頻繁に発生すると、その都度調べたり作業することが苦痛になることがあります。
 そういった時は「CNA安心サポート」をご利用いただくとストレスがなくなります。
 「CNA安心サポート」はテレビ・インターネットに関するお困りごとについてお伺いしてご案内するサービスです。毎月500円のご利用料金が発生しますが、毎月3回まで出張費が無料で訪問対応をご利用いただくことができます。機械操作が苦手であったり、スマホでテレビ番組を見られるようにしたいなど、もっとCNA秋田ケーブルテレビのサービスを便利に利用したいユーザーにお勧めします。「CNA安心ポート」のお申込みは下記のリンクをご利用ください。

CNA安心サポート申込・解約 受付