意外と簡単!?今さら聞けない4K放送の仕組み

ケーブルテレビ
PR広告

 2018年12月1日にBS、110度CSを使った衛星放送で4K8K放送がスタートして2年が経過しました。「4K」という言葉は、放送開始以前から「4K対応テレビ」という名目で家電量販店で販売されていたこともありだいぶ定着していますが、いまさら聞けない4K放送の基本について解説していきます。

4K放送の概要

 4K放送とは何かというとテレビ画面の画素数が水平3,840×垂直2,160の約829万画素で表現された放送をいいます。地上デジタル放送は水平1,920×1,080の約207万画素で表現されていますので、4K放送は地上デジタル放送の約4倍もの画素数となります。画素数が多いと映像はより美しく表現されます。これは画面が大きくなるとより顕著に現れます。
 ちなみになぜ「4K」と称されるかというと、1,000画素は1K(キロ)という単位で表現されることから由来します。4Kの水平方向の画素数は3,840画素ですので、約4,000画素となり4Kと呼ばれることになります。また、地上デジタル放送は水平約2,000画素(1,920画素)なので2Kと呼ばれます。そして8K放送は水平8,000画素(7,680画素)なので8Kと呼ばれます。

4K放送を視聴するために必要な受信設備について

 4K放送を視聴するにあたり宅内の配線方式は大きく2つに分かれます。一つは4K放送対応のパラボラアンテナから同軸ケーブルを直接テレビに接続する方法です(下図パターンA)。
 この方法のメリットは、アンテナからテレビへ直接同軸ケーブルを接続しますので、受信障害によりテレビの映りが悪くなった場合の原因が特定しやすいとこです。また、大がかりな工事がないため工事費負担が少なく済みます。
 続いてデメリットは、アンテナからテレビに同軸ケーブルを接続する際、外壁に穴を開ける場合があることです。アンテナを設置する際、アパートやマンションの場合はベランダの手擦りに設置することもありますが、一戸建ての場合は屋根近くの外壁に設置することがほとんどです。そのアンテナから屋内に設置されているテレビに同軸ケーブルを接続するため、屋外から屋内へ同軸ケーブルを配線する必要があります。その時に、外壁に穴を開け配線をする場合があります。これにより屋内外ともに同軸ケーブルが露出されますので見た目が悪くなります。そのため新しい建物などでは若干躊躇する工事になります。

宅内配線lパターンA

 もう一つは、地上デジタル放送のアンテナと4K放送対応のパラボラアンテナを外で混合し、既存のテレビ配線で受信する方法です(下図パターンB)。
 この方法のメリットは、外で地上デジタル放送用のアンテナと4K放送対応のパラボラアンテナを1本の同軸ケーブルに混合しますので、パターンAのデメリットである外壁に配線用の穴を開ける必要がありません。また、既存のテレビ端子を利用して配線できますので見た目もスッキリします。テレビをこれまで設置していた場所から移動する必要がないため、4K放送が視聴しやすい環境を作ることが可能です。
 しかしデメリットもあります。それは、4K放送を視聴するための工事費が大きくかかる可能性があるところです。4K放送はこれまでの電波とは全く違う新しい電波(最高3224MHzの周波数帯域)を使用しています。そのため従来使用している部材が使えない場合があります。4K放送を視聴するには下図にある「衛星ミキサー」、「分配器」、「直列ユニット」等がSHマーク付きの部材である必要があります。これをすべて交換するとなると高額な工事費が必要となります。長期的にみると工事を行う価値がありますが、利用頻度を考えると必要な工事かどうか考えてしまいます。

宅内配線lパターンB

 ※SHマーク(スーパーハイビジョン受信マーク)は、BS・110度CS右左旋放送受信帯域に対応した機器のうち、一般社団法人 電子情報技術産業協会で審査・登録され、一定以上の性能を有するスーパーハイビジョン衛星放送受信に適した衛星アンテナ、受信システム機器に付与されるシンボルマークで、その性能を証明するものです。詳細についてはこちらをご覧ください。
https://home.jeita.or.jp/cgi-bin/page/detail.cgi?n=927&ca=14

4K放送を簡単に視聴できるケーブルテレビ

 アンテナ受信で4K放送を視聴するために工事費の負担が発生する話をしてきましたが、ケーブルテレビによる受信にすると配線もスッキリして工事の負担も少なくできまです。ケーブルテレビで4K放送を受信すれば、建物によって大がかりな工事が必要となりますが、基本的には従来の配線を使用して簡単に4K放送を受信できます。
 秋田ケーブルテレビでは、4K放送対応のパラボラアンテナで視聴可能な4K放送のチャンネルに加え、日本全国のケーブルテレビ局が制作した4K番組を放送している「ケーブル4K」もご視聴可能です。4K放送に関する詳しい内容は下記のリンクからご覧ください。

CNA - 秋田ケーブルテレビ - 秋田ケーブルテレビ へようこそ
秋田ケーブルテレビのホームページです。 ケーブルテレビをはじめ、インターネット・サービス、電話・サービスなどもあります。